専門医に相談する

周りのお年寄りが大きい声を張り上げて話をしたり、テレビの音量が以前よりかなり大きい音になった場合は加齢による難聴が原因かもしれません。加齢による難聴は高い音が聞こえづらい特徴もあります。例えば女性アナウンサーの声は聞き取れないが男性アナウンサーの声は聞こえるといった風です。難聴かなと思ったら、なるべく早目に専門医にかかり補聴器を使うように勧めましょう。この補聴器で聞こえに関する悩みを和らげる場合があります。難聴の為、周りのとのコミュニティがとれなくなり性格までが消極的になったり家族から疎外感や孤独感を感じる人もいます。そのようにならないためにも、補聴器で悩みを少しでも改善してあげましょう。聞くことが出来なくなることで、脳の刺激も無くなり脳の働きが悪くなることもあります。

補聴器を使用するにあたって先ずは耳鼻咽喉科の専門医に相談しましょう。本人はもちろん、周りの家族が聞こえの状態を把握することが大切です。把握していることによって、補聴器の選択や調整について販売店の人と詳しく相談することができます。あとはなるべく早目に補聴器を使用することにしましょう。補聴器の使い始めには慣れが必要ですが、早く使い始めれば始めるほど順応性も高くなります。よく補聴器を使っても雑音ばかりで聞こえないと言うお年寄りがいますが、これは聞こえない生活が長かった為に、補聴器できちんと聞こえているにも関わらず雑音にしか聞こえないと思われるようです。ですから、なるべく早目に補聴器に慣れていくことが重要です。