購入する

聞こえる内容がなかなかわかりづらい、聞こえるのが遠い感じがする間隔が出てきたら補聴器を使う事を考えてみましょう。 補聴器は聴力のレベルとひとりひとりの耳の形にあわせた物を選んで使う事になるので最初に検査が必要になります。 片方の耳の聴力が落ちているのか、両方の耳の聴力が落ちているのかを調べる為に検査が必要です。 最初の検査が終わった時点で何種類かの品に絞り込む事が出来るので、実際に試してみて使い心地をチェックする事が必要です。 まず耳にしっかりとフィットしているかどうかを確認します。 頭は意外とよく動かし傾ける事も多いので、ずれてしまったり落ちてしまったりという心配があります。 耳にしっかりとフィットしていればその心配が無く安心して使う事が出来ます。

聴力の衰えの具合によって補聴器の聞こえのレベルを調節して使う事が必要です。 高い音が聞こえやすいのか、低い音が聞こえやすいのか、生活の環境が物静かな所なのかにぎやかな所なのかも考えて補聴器の性質を考えます。 これらの検査や調整は補聴器を取り扱っている、補聴器販売店で行う事が出来ます。 医療機関というわけではなく、検査も行う事が出来る精密機器の販売店という扱いになります。 ほとんどの販売店が専門店の形式をとっていて取扱商品は補聴器の1種類のみになります。 使う為の検査と、自分の生活に合わせたニーズ聞きとりに基づいた形状の製品のチョイス、さらに聴力のレベルにあわせた機器の性能の調整を行います。 最も聞きやすい状態にするまで何回かの調整が必要です。 販売店で補聴器を手配したら、その後のメンテナンスの方法や毎日のケアの方法も聴いておきましょう。